慰謝料の相場や示談交渉

旦那の浮気相手に慰謝料を請求するとき、裁判所での相場は200万円前後ですが、弁護士が示談交渉することによって、500万円以上で合意できることもあり得ます。

 

浮気の慰謝料を巡って裁判を起こしたときには、裁判所が支払いを命じる慰謝料の相場は200万円で、多くても300万円ほどです。

 

それに対して、裁判をする前の示談交渉の段階では、慰謝料の金額に決まりは無いので、500万円〜1000万円で合意に至ることもあります。

 

もちろん、精神的苦痛を受けた度合いや、相手の収入などに応じて金額は変化しますので、ぜひ浮気の慰謝料請求で豊富な実績のある専門家に無料相談をしてみて下さい。

 

浮気調査を探偵事務所に無料相談。

 

弁護士先生が経営している探偵事務所

 

【関東】

 

 

【全国対応】

響(ひびき)・Agent

 

*画像をクリックするとHPに移動します

旦那の浮気相手に慰謝料請求をした体験談

旦那の浮気が発覚し、やめて欲しいと泣いてお願いしたのに、一向に浮気を止めようとしませんでした。

 

私としては、子どもが2人いるので、離婚するのは避けたいと思っています。

 

けれども、旦那の帰りが遅く、土日もまともに家にいない生活にはもう耐えられません。

 

 

旦那が浮気をやめるきっかけになればと思い、探偵に依頼して浮気の証拠を掴んでもらい、浮気相手に慰謝料を請求しようと決心しました。

 

探偵さんから調査の報告を受けて驚いてしまったのですが、夫が浮気をしていた相手は1人だけではなく、5回の調査で3人もいました。

 

さらに調査をすればいったい何人の相手と浮気をしているのかと思って、もう5回の調査を依頼してみたところ、合計で4人の女と不倫をしていることがわかりました。

 

 

裁判を起こす前に示談交渉をしてみるのがいいと教えられていたので、弁護士さんに示談の交渉をお願いしました。

 

そうすると、思いのほかスムーズに、3人の女性が示談に応じ合計で1200万円の慰謝料をもらうことで合意しました。一括で支払ってきた女性もいれば、毎月5万円ずつ分割で支払ってもらっている女性もいます。

 

 

ただ、4人の浮気相手のうち1人だけは示談交渉に応じず、慰謝料を払う気が無いようでしたので、訴訟を起こしました。

 

探偵さんに、裁判で有利になる決定的な証拠を抑えてもらっていたので、裁判所で200万円の慰謝料を支払うようにと命じていただき、それからは毎月5万円ずつ分割で支払ってもらっています。

 

 

いまのところ旦那は浮気を続けていないようですので、これから修復に向けて努力していこうとしています。

 

やはり、慰謝料請求という公的な制裁が下されると、旦那も浮気相手も不倫をしづらくなるので、効果的な仕返しをしてやることができて良かったです。

 

→ 浮気調査 おすすめ